TOP

■ 分析のメリット

株式や投資信託、FXなど【投資の形】は実にさまざまあります。

どの投資にも共通して重要なのが【分析】になります。

【分析のメリット】

・ 分析を知っておくと、経済の動向が掴めます。

・ 根拠を持った投資活動を行うことができます。

・ 変動が起こった際に原因を考えることができます。


■ 分析の種類

有名な分析の種類は以下のようなものが挙げられます。

・ ファンダメンタル分析

個別企業の成績が株価に影響するという考えです。

決算書(財務諸表)を主に分析していきます。

その他にも

・ テクニカル分析(チャート分析)

テクニカル分析はファンダメンタル分析との反対の考え方で、個別企業などの要素を一切考えずに、過去の価格。出来高・時間軸などから分析を行います。

・ ポートフォリオ分析

マトリックスを用いて、分析する対象を考察していく分析方法になります。

・ IS-LM分析

IS曲線とLM曲線で分析を行う、現在中心的な分析手法になります。


■ 投資に役立つ資格

また自己啓発になるし、同時に経済金融知識も付く【金融資格】のご紹介!

・ FP(ファイナンシャル・プランナー)

FPとは「ファイナンシャル・プランナー」の略称であって、不動産や税金、保険業務など広い範囲に渡る金融知識を得ることができます。

受験資格は特にないため、金融知識を得たい人には一番オススメの資格かもしれません。

また「ファイナンシャル・プランナー」は複数の団体が資格の発行を行っています。

<ファイナンシャル技能士>

現在日本で認定されている国家資格になります。2001年より廃止になりました。

<AFP/CFP>

AFP/CFPは民間で発行されている資格になります。

・ 証券外務員

証券会社や証券業務を取り扱う銀行などに従事する人はこの資格がなければ販売することができません。

昔は金融機関従事者にのみ受験資格が限定されていましたが、現在では2種に限って一部制限が取り外されています。

<証券外務員2種>

外務員に必須の基礎知識や、コンプライアンスに関する基本的な重要事項について勉強します。

<証券外務員1種>

証券外務員2種が現物取引のみを扱っているのに対し、1種ではデリバティブや信用取引などのリスクの高い商品について勉強していきます。

証券外務員1種は金融機関に従事している人のみが受験可能な資格となります。

・ 証券アナリスト

証券アナリストは金融市場のプロフェッショナルとして経済全般を管轄分野としています。

受験資格は年齢、学歴等制限はありません。

しかし非常に難易度が高く、取得にも時間が掛かります。

脇の脱毛がすばやく完了

漫画制作を驚きの低価格で!!

占い 町田

浴室・浴槽塗装・お風呂のリフォーム専門店

着物買取大阪なら無料出張査定にお伺い